ヤマハ、タイ市場向けに スパーク115i を導入…FI新採用

モーターサイクル 新型車

ヤマハ・スパーク115i
  • ヤマハ・スパーク115i
ヤマハ発動機は、空冷114cc・FIエンジンを搭載したMTモデル『スパーク115i』を開発し、タイのグループ会社TYMにて 12月上旬より同市場に導入する。

新型車は、2012年春より同市場に順次導入した『ミオ115i』『TTX』『ヌーヴォSX』『ミオ125i』と同様、同社の中期成長戦略「アセアン二輪車における商品力・収益力向上」の取り組みの1つとなるモデル。

タイの二輪車市場は年間200万台で推移し、AT車とMT車が約半分ずつを占めている。近年AT車の割合が増えているが、実用性や燃費に優れるMTモデルも地方都市を中心に根強い人気が続いている。

今回導入するスパーク115iは、日々の買い物や2人乗り使用においての「快適さ」「気軽に乗れる親しみやすさ」「心地よい乗り心地」を主題に、きめ細かな設計を施した製品。エンジン・車体とも新設計し、燃料供給にはFIを新採用。優れた出力と燃費、環境性能を調和させた。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集