【タイ自動車エキスポ12】期間内の受注5万台、売上550億バーツ目指す

自動車 ニューモデル モーターショー

タイ自動車エキスポ12
  • タイ自動車エキスポ12
Report にほんブログ界の新星「するぷ氏」と一緒にバンコクモーターエキスポ2012を


11月29日にバンコク郊外のイベント施設「インパクトアリーナ」で開幕したタイ最大級のモーターショー「第29回タイランド・インターナショナル・モーターエキスポ2012」。1日、初めての週末を迎え、お目当ての車を求めて商談に訪れる人、キャンペーンコンパニオンの写真を撮りに来る人など数千人の人手で賑わった。

今回は特別に現在「ブログ観光大使プロジェクト」で来タイ中のブログ界の新星こと「和洋風KAI」のするぷ氏が現地取材に同行、本人曰く車より美女がかなり目立ったと初来タイでの海外でのモーターショーを楽しんでいた。

昨年は、大洪水の影響で、入場者数や契約台数、売上高とも大幅な前年比減を見せた。今年はメーカー各社とも昨年の「落ち込み」を取り戻そうと、ライブ演出などにも昨年以上に力を入れている様子。主催者発表によると、目標は期間内での受注台数が5万台、売上高が550億バーツとのこと。

日本で自動車のポータルサイトを展開する「レスポンス編集部」が主催する特別企画「視察ミッション」は、モーターエキスポ期間中、6日から8日の日程で行われる。エキスポ会場の案内のほか、自動車関連部品の市場や工場の視察、自動車好きのタイ人らを集めた座談会への参加などを予定している。自動車産業に精通したタイ人通訳が、市場の「生の声」を即時通訳、質疑にも応じる。詳しくは、こちら↓まで。

http://response.jp/assistance/mission/201212/

にほんブログ界の新星「するぷ氏」と一緒にバンコクモーターエキスポ2012を

《編集部》

編集部おすすめのニュース

特集