パルシステム、大規模太陽光発電システムを杉戸センターで導入

自動車 ビジネス 企業動向
杉戸センター外観
  • 杉戸センター外観
パルシステムグループは14日、埼玉県・杉戸町にある「パルシステム杉戸センター」屋根に太陽光発電システムを導入することを決定したと発表した。

同社および会員生協で出資している環境関連子会社のエコ・サポートは、杉戸センター屋根に太陽光発電システムを設置し、発電事業を開始する。同グループでは、杉戸センターでの事業をパイロット事業と位置づけ、今後検証を重ねながらほかの施設での太陽光発電システムの導入も検討していく構え。

同システムは、センター屋根に太陽光パネル2310枚を設置し、設備規模は最大559.02kwが発電可能。電力量は年間561.676kwhを想定しているという。
《村尾純司@DAYS》

編集部おすすめのニュース