映画「強奪のトライアングル」11日公開…三菱シャリオが香港を激走

モータースポーツ/エンタメ 映画
「強奪のトライアングル」カーアクションシーン
  • 「強奪のトライアングル」カーアクションシーン
  • 「強奪のトライアングル」カーアクションシーン
  • 「強奪のトライアングル」カーアクションシーン
香港映画界、ツイ・ハーク、リンゴ・ラム、ジョニー・トー、3人の監督がバトンリレー方式で撮影して完成させたクライム・サスペンス、映画『強奪のトライアングル』が8月11日より公開される。

映画は、金に困っているタクシー運転手(ルイス・クー)、エンジニア(サイモン・ヤム)、古物商(スン・ホンレイ)の3人の男たちが、嵐の晩、酒場で風変わりな謎の男から1枚の金貨と名刺を受け取ったことからストーリーが始まる。

その後、3人は名刺にあったURLから、立法局の地下に唐代の財宝が眠っていることを知り、実際に掘り起こしてみたが、エンジニアの妻(ケリー・リン)と関係を持っている悪徳刑事やタクシー運転手から借金を取り立てるやくざたちをも巻き込み、財宝の奪い合いになっていく。

三人の監督による、三人の男を中心としたストーリー、登場する車も三菱と、三づくしの映画。劇中、香港の街を三菱『シャリオ』がド派手に走り回るカーアクションシーンなどは必見だ。

彼らの熱狂的ファン、クエンティン・タランティーノ監督も参加を熱望したと言われる映画、強奪のトライアングルは、『コンシェンス/裏切りの炎』『やがて哀しき復讐者』とともに、8月11日より「ニュー香港ノワール・フェス」として新宿武蔵野館にて公開される。


《》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース