富士通、IPv6へ移行…データセンター向け新技術

自動車 テクノロジー ネット
「SA46T-ASデータセンターソリューション」による複数サーバでのアドレス共有イメージ
  • 「SA46T-ASデータセンターソリューション」による複数サーバでのアドレス共有イメージ
 富士通は12日、データセンターにおいて、IPv4ネットワークからIPv6ネットワークへの円滑な移行を実現する「SA46T/SA46T-ASデータセンターソリューション」技術を開発したことを発表した。

 本技術は、IPv6ネットワーク上でIPv4の通信を可能にする「SA46T」(Stateless Automatic IPv4 over IPv6 Tunneling)、ならびに、1つのIPv4アドレスを複数のサーバで共有できる「SA46T-AS」をベースにしたものとなっている。本技術により、IPv6ネットワーク上で収容できるIPv4ネットワークの数を、約43億個まで増やすことが可能。また、TCPやUDPポート番号を識別番号として割り当てることで、1つのIPv4アドレスを約6万5,000個で共有できるため、既存のIPv4ベースでのサービスの運用を維持した上で、将来にわたりサーバの増設が可能となっている。

 データセンターでは、一般に、VLAN技術を用いて、IPv4アドレスを使用した顧客システムのアドレスが干渉しないように論理的に分離して収容しているが最大で4,000IPv4ネットワーク=約1000社程度(1顧客あたり4VLANを使用時)の顧客しか収容できないことが課題となっていた。なお、本技術は、「Interop Tokyo 2012」(6月13日~15日、幕張メッセ)にて、SHOWNETと連携した実証デモが行われる予定。

富士通、IPv6への円滑な移行を実現するデータセンター向け新技術を開発

《冨岡晶@RBB TODAY》

編集部おすすめのニュース

特集