「サーブとの資本提携の仮契約は有効」…中国2社

自動車 ビジネス 企業動向

23日、中国企業2社との資本提携に向けた仮契約を、白紙に戻すと発表したスウェーデンの自動車メーカー、サーブオートモビル(以下、サーブ)。しかし、中国2社は、この決定を認めていないようだ。

25日、『ロイター』が報じたところによると、サーブの中国出資パートナー、パンダオートモビルトレード(厖大汽貿集団)とヤングマン(青年汽車集団)の2社は、サーブとの間で結んだ資本提携に向けた仮計画が、まだ有効であると主張しているという。

中国2社は当初の計画とは異なり、サーブの資本を100%掌握し、買収する方向へと転換。しかし、サーブの親会社、スウェディッシュオートモビルは、これに反発しており、今後の紆余曲折が予想される。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集