NKSJ、勝俣社外取締役が退任---原発事故受け

自動車 ビジネス 企業動向
NKSJホールディングス(損保ジャパンと日本興亜損保の持株会社)は、社外取締役の勝俣恒久氏が6月23日付けで退任すると発表した。

勝俣氏は東京電力の会長で、昨年4月のNKSJ発足とともに、社外取締役を務めてきた。福島第一原発事故を受けての退任と見られる。

後任の社外取締役にはNKSJグループの損害保険ジャパンの社外監査役も務める松田章・丸紅理事が就任する。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

  • 自工会、全国規模の休日シフト決定 画像 自工会、全国規模の休日シフト決定
  • 中部電力浜岡原発が全て停止、節電対策が本格化へ 画像 中部電力浜岡原発が全て停止、節電対策が本格化へ
  • 自工会志賀会長「モノづくりの本格再開が日本の原動力になる」 画像 自工会志賀会長「モノづくりの本格再開が日本の原動力になる」
  • NKSJホールディングス、「損保ジャパン日本興亜グループ」に変更…9月から 画像 NKSJホールディングス、「損保ジャパン日本興亜グループ」に変更…9月から

特集

おすすめのニュース