森精機、中国で工作機械の合弁生産へ 交渉開始

自動車 ビジネス 企業動向
森精機製作所は、中国市場でドイツの工作機械メーカーで資本・業務提携しているギルデマイスター、中国瀋陽机床(集団)と、家電や自動車などの部品加工に使用する小型のマシニングセンタの合弁生産に向けて交渉を開始した。

3社が対等な出資関係で合弁会社を設立する計画。新会社は外国為替及び外国貿易法第48条、輸出貿易管理令別表第1第2項などにより政府から規制されない工作機械とする。

投資額や生産台数、時期などについては未定。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

  • 村上開明堂、伊メーカーと中国で自動車ランプ部品を合弁生産 画像 村上開明堂、伊メーカーと中国で自動車ランプ部品を合弁生産
  • スバル富士重、奇瑞汽車との合弁事業を推進へ 画像 スバル富士重、奇瑞汽車との合弁事業を推進へ
  • 【上海モーターショー11】トヨタ豊田社長「中国は最も重要な市場」 画像 【上海モーターショー11】トヨタ豊田社長「中国は最も重要な市場」
  • 【上海モーターショー11】ホンダ伊東社長「12年に中国でEVを生産開始」 画像 【上海モーターショー11】ホンダ伊東社長「12年に中国でEVを生産開始」