【WE RIDE 三宅島】オフロード界のトップライダー三宅島を制す

モータースポーツ/エンタメ モータースポーツ

三宅島初のエンデューロレースに記録を刻んだ選手たち 撮影=中島みなみ
  • 三宅島初のエンデューロレースに記録を刻んだ選手たち 撮影=中島みなみ
6日、東京都三宅村で開催された「WE RIDE 三宅島エンデューロレース」は、KTM埼玉の小池田猛選手(33歳)が、参戦ライダー全員を1周引き離し、そのままフィニッシュした。

三宅島初の賞金付きレースで、チャンピオンを飾ることになった(暫定)。レースを主催するNPO法人「三宅島スポーツ振興会」が7日表彰式で正式に決定する。

KTM『450EXC』を操る小池田選手は、1周約3kmのコースを5分50秒ほどのペースで周回。安定した走りでレースを完全なワンマンショーにした。

「自然のコースで火山灰で少し難しかったが楽しく走れた」(小池田選手)

小池田選手は2010年全日本エンデューロ選手権(JEC)IAクラスと05年全日本モトクロスIA1クラスのチャンピオン。エンデューロでもモトクロスでもその存在感を確立し、今期は世界選手権にも参戦した。

そのほかの暫定ランキングは以下の通り。1位には賞金30万円、2位15万円、3位10万円などが贈られる。

2位 鈴木健二(38歳・DNAレーシング/ヤマハYZ250)
3位 田中教世(32歳・TEAM TAKASE/カワサキKX450F)
4位 星野恭平(29歳・Five StarRT/ヤマハYZ250)
5位 田中太一(28歳・ROOTS ENTERTAINMENT/KTM250EXC-F)
6位 矢野和都(21歳・ダートスポーツRT/ホンダCRF250R)
《中島みなみ》

編集部おすすめのニュース

特集