GMのポンティアックブランド…84年の歴史に幕

自動車 ビジネス 海外マーケット

ファイアバード・トランザム(1976)
  • ファイアバード・トランザム(1976)
  • 最後の1台となったソルスティス
  • グランダムSE(1999)
  • GTOジャッジ(1970)
  • 6-27シリーズ(1926)
  • トーピード8(1940)
  • ボンネヴィル・コンバーチブル(1959)
  • ヴァイブ
GMが2009年4月に発表したポンティアックブランドの廃止。10月31日、米国最後のディーラーが店を閉じ、84年の歴史に幕を下ろした。

ポンティアックは、1926年に設立された伝統のブランド。そのネーミングはミシガン州の町の名前に由来し、1960〜70年代には『ファイヤーバード』、1970〜80年代には『トランザム』を大ヒットさせるなど、GMの中でもスポーティなブランドとして認知されてきた。

ピーク時の1973年には、年間92万台をセールス。しかしその後、販売は下降線をたどり、2009年4月、GMはリストラ策の一環として、同ブランドの廃止を決定した。

GMとのディストリビューター契約が切れる10月31日まで営業を続けていたのは、フロリダ州フォートウォルトンビーチの「リー・ポンティアックGMC」。2ドアスポーツの『ソルスティス』を顧客に引き渡し、ブランド84年の歴史に終止符が打たれている。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集