オートウェーブ、再建に向け経営トップ交代

自動車 ビジネス
オートウェーブは1日、廣岡大介海外事業本部長が社長に就任する人事を内定した。6月16日開催の定時株主総会とその後の取締役会で承認を得て就任する。

廣岡等会長は代表権を返上、最高顧問に退く。

同社は経営再建中で、経営トップが交代して新たな体制のもとで抜本的に事業を再構築して業績改善を図る。

廣岡大介氏は二松学舎大文学部卒、1992年に同社に入社、1996年に取締役、2001年に取締役を辞任し、2003年に海外事業本部長に就任した。40歳。

また同社は、6月16日付けで組織改正を実施すると発表。営業本部、商品本部、サービス統括部、管理本部、法務部、自動車営業統括部の6つの部門に対して権限と責任を付与、計画達成の精度向上を図り、迅速な意思決定と組織の効率的な体制を目指す。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

  • オートバックスの中期経営計画…120店舗を新規出店 画像 オートバックスの中期経営計画…120店舗を新規出店
  • 自動車用品小売業協会会長に、イエローハットの堀江社長 画像 自動車用品小売業協会会長に、イエローハットの堀江社長
  • タイヤ専門店の強みをノウハウ化して全国展開、“地元密着”は忘れず 画像 タイヤ専門店の強みをノウハウ化して全国展開、“地元密着”は忘れず

特集