スズキ セニアカー 一部改良…後退最高速度を表示

自動車 ニューモデル モビリティ
セニアカーET4D
  • セニアカーET4D
  • セニアカーET4E
スズキは、『セニアカー』シリーズを一部改良し4月1日から発売開始した。

今回、緊急時に介護する人などが車体を動かすことができるよう、車体の前後に持ち上げハンドルを「ET4D」と「ET4E」に追加した。表示パネル内には、後退最高速度表示(2km/h)を追加してわかりやすくした。

スズキセニアカーはハンドル型電動車いすの安全性・利便性に配慮した新基準、日本工業規格JIS T 9208:2009を取得しており、ET4DとET4Eは、「旋回安定性」と「段差乗越性」で3ツ星、「回転性能」で1ツ星の表示認可を取得した。都市型セニアカー「タウンカート」は、これらの全ての項目で3ツ星の表示認可を取得している。

価格はET4Dが34万8000円。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

  • ヤマハ、軽量型電動車イスを発売へ---介護者の負担も軽減 画像 ヤマハ、軽量型電動車イスを発売へ---介護者の負担も軽減
  • 富士通テン、介護施設にカラオケシステムを寄贈 画像 富士通テン、介護施設にカラオケシステムを寄贈
  • 【東京モーターショー09】毒蝮三太夫がのりピーに苦言「介護の仕事は甘くない」 画像 【東京モーターショー09】毒蝮三太夫がのりピーに苦言「介護の仕事は甘くない」
Response.TV
  • 動画
  • 動画
  • 動画
  • 動画

特集

おすすめのニュース