【ニューヨークモーターショー10】シボレー クルーズに RS…スポーツテイストを付加

自動車 ニューモデル モーターショー
シボレー クルーズ RSスポーツアピアランスパッケージ
  • シボレー クルーズ RSスポーツアピアランスパッケージ
  • シボレー クルーズ RSスポーツアピアランスパッケージ
  • シボレー クルーズ RSスポーツアピアランスパッケージ
  • シボレー クルーズ RSスポーツアピアランスパッケージ
  • シボレー クルーズ RSスポーツアピアランスパッケージ
  • シボレー クルーズ RSスポーツアピアランスパッケージ
GMは28日、シボレー『クルーズ』の2011年モデルに「RSスポーツアピアランスパッケージ」を設定すると発表した。実車は、31日に開幕するニューヨークモーターショーで披露される。

新型クルーズは、2008年10月のパリモーターショーでデビュー。GMの世界戦略小型セダンに位置づけられる。ボディサイズは全長4598×全幅1797×全高1477mm、ホイールベース2685mmとコンパクト。すでに欧州や中国を含むアジア市場で販売されている。

GMは、新型クルーズを『コバルト』の後継車として米国投入。2009年12月のロサンゼルスモーターショーでは、米国仕様が公開された。生産は、米国オハイオ州ローズタウン工場が担当。現地ではトヨタ『カローラ』やホンダ『シビック』がライバルだ。

2011年モデルの「LT」「LTZ」に用意されるのが、「RSスポーツアピアランスパッケージ」。外観は専用フロントバンパー、フォグランプ、サイドロッカーモール、リアスポイラーが装備され、スポーティな雰囲気を引き上げている。

インテリアは、インパネクラスターやクロームアクセントリングが、RSスポーツアピアランスパッケージの専用アイテム。メーター類にはアイスブルー照明が採用され、夜間走行時の視覚的効果を狙った。

エンジンは1.4リットル直列4気筒ターボ「エコテック」で、最大出力138ps、最大トルク20.4kgm。燃料満タンで約800kmを走行できる経済性を備える。北米GMのデザイン担当エグゼクティブディレクター、マイケル・シムコー氏は、「個性や存在感をアピールしたい顧客にとって、このRSスポーツアピアランスパッケージは最適」と語っている。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース