公衆電源ステーションの実証実験 柏の葉アーバンデザインセンター

自動車 ビジネス 企業動向
街づくり連携組織の「柏の葉アーバンデザインセンター」(UDCK)は、東京電力と、千葉県柏市・柏の葉地域で街中に複数の公衆電源ステーション「espot(エスポット)」を新設する。自宅外でも手軽に電気利用を可能とする公衆電源サービスの社会実験として3月20日から8月29日まで実施する。

社会実験では、利用ニーズの把握や、サービス提供に必要な技術・認証・オペレーションなどを検証するために、500人の一般利用者を体験モニターとして募集する。モニターはespot利用の際に必要な認証カードとして専用の非接触ICカードを発行する。今回の社会実験で使用する電力はすべて、自然エネルギーによってまかなわれるグリーン電力となる。

社会実験を通じて電力についての公衆化の実験を行う。電源場所やバッテリーを気にすることなく気軽に電化製品の利用ができる環境を実証的に検討する。また、これまでグリーン電力は企業間取引が一般的だったが、公衆電源サービスを通じて一般個人でも気軽に利用できる仕組みとすることで、環境配慮型電力の地域普及を促進する。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース