椿本チエイン、ドイツ企業を子会社化

自動車 ビジネス 企業動向
椿本チエインは24日、ケーブル・ホース支持案内装置「ケーブルベヤ」のグローバル競争力の強化のため、ドイツのカーベルシュレップ社(KS)の全出資持分を取得して子会社化すると発表した。

椿本チエインは、ケーブル・ホース支持案内装置として1959年にチェーン方式のケーブルベヤの生産を開始した。その後、鉄鋼設備や工作機械への需要拡大を受けて、1968年にこの分野では草分け的存在であったKS社と技術提携契約を結び、以来40年にわたってスチール製からエンジニアリングプラスチック製ケーブルベヤへと品種、用途を拡大してきた。

今回の子会社化は、KS社との長年にわたる技術補完関係を生かしてシナジーを発揮するのも狙いの一つ。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

  • アイシン精機、国内アルミダイカスト事業を再編 画像 アイシン精機、国内アルミダイカスト事業を再編
  • クラレ、エラストマー関連製品全体を値上げへ 画像 クラレ、エラストマー関連製品全体を値上げへ
  • 椿本チエイン、子会社が自動車部品の品質データで不正 画像 椿本チエイン、子会社が自動車部品の品質データで不正
  • 椿本チエイン、個人情報6万4742件流出の可能性…TT-net に不正アクセス 画像 椿本チエイン、個人情報6万4742件流出の可能性…TT-net に不正アクセス

特集

おすすめのニュース