標識確認中のパトカー、一時停止無視で出会い頭衝突

自動車 社会 社会
3日午後、鹿児島県鹿児島市内の市道で、標識確認作業のため走行していたパトカーと、原付バイクが交差点で出会い頭に衝突する事故が起きた。この事故でバイクが転倒し、運転していた65歳の女性が軽傷を負っている。

鹿児島県警・鹿児島西署によると、事故が起きたのは3日の午後3時ごろ。鹿児島市武1丁目(N31.34.32.6/E130.32.33.2)付近の市道で、交通標識の設置状況をチェックしていた同署交通課のパトカーと、交差道路を左から進行してきた原付バイクが出会い頭に衝突した。

バイクは衝突の弾みで転倒。運転していた同市内に在住する65歳の女性が胸部打撲などの軽傷。パトカーの乗員2人にケガはなかった。警察では運転していた53歳の巡査部長から自動車運転過失傷害容疑で事情を聞いている。

現場はJR鹿児島本線を越えるために陸橋区間となっている県道の下をトンネルで通過する市道。事故はパトカーがトンネル部を抜け出た直後に発生した。一時停止義務はパトカー側にあったが、止まらずに進入したとみられている。
《石田真一》

編集部おすすめのニュース

おすすめのニュース