フコク、中国に鉄道装備用ゴム部品を製造する合弁会社を設立

自動車 ビジネス 企業動向
フコクは、中国江蘇省南京市に、南京勃朗峰新技術と共同出資して中国鉄道装備用ゴム部品を製造する合弁会社を設立する。

フコクでは、今後大きな成長が期待される中国鉄道関連市場に対して積極的に拡販するため、合弁会社を設立して、軌道交通用ゴム部品を開発・生産する。

新会社「南京富国勃朗峰ゴム」で、資本金は1000万人民元(約1億3000万円)。出資比率は南京勃朗峰が51%、フコクが49%で。5月に設立する予定。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

Response.TV
  • 動画
  • 動画
  • 動画
  • 動画

特集

おすすめのニュース