【ホンダ アクティトラック 新型発表】外観デザインを気にします

自動車 ニューモデル 新型車
アクティ・トラック新型(2009年)
  • アクティ・トラック新型(2009年)
  • アクティ・トラック新型(2009年)
  • アクティ・トラック新型(2009年)
  • アクティ・トラック先代(1999年)
  • アクティ・トラック先代(1999年)
  • アクティ・トラック先々代(1988年)
ホンダ『アクティ・トラック』のフルモデルチェンジに際し、デザインについてユーザーにヒヤリング調査を行った。

日本営業本部営業開発室商品ブランドブロックチーフ平手秀樹さんは、「最初、軽トラックというとあまりデザインは気にされないのかと思っていました。しかし、実用一辺倒だと思っていた、農家の高齢の方でも外観デザインを気にするということが分かったのです」という。

「先々代は、ライトが丸目でバンパーが黒ということで出したら、非常に不評でした。訪問調査をしたところ、乗用車のような横長のヘッドライト、高級感というと変ですが、立派に見える顔が好まれたのです」。他車に見られるような縦長ヘッドランプは好評ではなかったという。

そして、先代は角形ヘッドライトに黒バンパーになったが、登場後1年もたたずして全車ボディ色バンパーに変更されている。「新型では、バンパーもボディ同色にするといったあたりからフロントデザインを設定していきました」。

今回のフルモデルチェンジではキャビンの広さを確保することが課題とされていた。デザインでも「外から見ても広く見えるようにしました。モデルチェンジ直前ではダイハツ『ハイゼット』が最も広いキャビンでしたが、それ以上に広くなっています」という。

広さ感を感じさせるために、インテリアをトリムレスにすることで、広さ感の演出や力強さを演出をしている。「従来モデルは樹脂で覆っていました。Aピラーが乗員に近いので衝突した時に頭が当たってしまう可能性があったからです。しかし新型はその可能性が極めて低いのでこういうデザインが可能になりました。黒い樹脂で覆ってしまうとその厚みも出てしまいますので」と語った。
《内田俊一》

編集部おすすめのニュース

  • 【ホンダ アクティトラック 新型発表】軽トラ販売はつらいよ 画像 【ホンダ アクティトラック 新型発表】軽トラ販売はつらいよ

特集