三菱商事、モンゴルでのウラン探鉱開発に参画

自動車 ビジネス 企業動向
モンゴル ドルノゴビ県、スフバートル県 位置図
  • モンゴル ドルノゴビ県、スフバートル県 位置図
三菱商事は21日、フランスのアレバ社がモンゴルのドルノゴビ県とスフバートル県で推進中のウラン資源探鉱開発プロジェクトに参画することで合意した。

既知資源量で世界第15位、未確認資源を含めると世界最大の資源ポテンシャルを持つとされるモンゴルで、アレバ社は10年以上前から探査活動を進めており、現在はドルノゴビ県とスフバートル県に合計1万4000平方km超、36鉱区の探鉱ライセンスを持つ。

三菱商事は、アレバ社が支出した過去の探鉱費用と今後の探鉱、事前調査費用を按分負担することでプロジェクトに参画し、権益を保有するアレバの完全子会社であるアレバ・モンゴル社の株式の34%を将来時点に取得する権利を保有する。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

  • 伊藤忠、豪州ウラン鉱山開発プロジェクトの事業化調査に参加 画像 伊藤忠、豪州ウラン鉱山開発プロジェクトの事業化調査に参加
  • JOGMEC、南アでプラチナなどの探鉱を開始…安定供給ルート確立に向けて 画像 JOGMEC、南アでプラチナなどの探鉱を開始…安定供給ルート確立に向けて
  • 公道でラストワンマイル自動配送の実証実験 オプティマインドなど参画 画像 公道でラストワンマイル自動配送の実証実験 オプティマインドなど参画
  • 三菱商事、自動車事業の赤字転落が響いて大幅減益に…三菱自への方針は? 画像 三菱商事、自動車事業の赤字転落が響いて大幅減益に…三菱自への方針は?

特集

おすすめのニュース