日清紡ブレーキ、販売子会社を吸収合併へ…統合で意思決定を迅速化

自動車 ビジネス 企業動向
日清紡ホールディングスは、2010年4月に完全子会社である日清紡ブレーキと日清紡ブレーキ販売を合併すると発表した。製販統合することで意思決定の迅速化や経営効率化を図る。

日清紡ブレーキは、今年4月1日に、日清紡績が持株会社制へ移行したことに伴い、ブレーキ事業を分社化した。日清紡ブレーキ販売は、1965年に日東アスベスト、三晃との合併で設立された日新ブレーキ販売が前身で、ブレーキ事業の国内営業部門としての機能を担ってきた。現在は、持株会社制移行に伴う資産譲渡により日清紡ブレーキの完全子会社となっている。

日清紡グループは、ブレーキ事業でのより機動的な業務遂行や迅速な意思決定の実現のため、2010年4月1日付けで、日清紡ブレーキが日清紡ブレーキ販売を吸収合併する。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

  • 東芝、カザフスタン国営企業とレアメタル分野で合併を検討へ 画像 東芝、カザフスタン国営企業とレアメタル分野で合併を検討へ
  • ダイムラー日本、メルセデスベンツ日本を吸収合併で社名変更 画像 ダイムラー日本、メルセデスベンツ日本を吸収合併で社名変更
  • USS、群馬県にある中古車オークション子会社2社を合併 画像 USS、群馬県にある中古車オークション子会社2社を合併
Response.TV
  • 動画
  • 動画
  • 動画
  • 動画

特集

おすすめのニュース