ノルウェー製EV シンクシティ、救急車仕様をオランダの小島に配備

ノルウェーのTHINK(シンク)社は、オランダ北部のテルスヘリング島にEVコンパクトカー、『シンクシティ』をベースにした救急車を納車したと発表した。

自動車 ニューモデル 新型車
シンクシティベースの救急車
  • シンクシティベースの救急車
  • シンクシティ
  • シンクシティ
  • シンクシティ
  • シンクシティ
  • シンクシティ
  • シンクシティ
  • シンクシティ
ノルウェーのTHINK(シンク)社は、オランダ北部のテルスヘリング島にEVコンパクトカー、『シンクシティ』をベースにした救急車を納車したと発表した。

シンク社は1990年、ノルウェーに設立。1999年12月、シンクシティを発表した。シンクシティはダイムラーの『スマートフォーツー』よりもひと回り大きなボディを持つ2シーターのシティコミューターEV。リアシートはオプションで用意される。

2008年発売の現行モデルは、最大出力41psのモーターを搭載。最高速は100km/h、最大航続距離は180kmと、シティコミューターとして必要十分な実用性を確保している。

2次電池はリチウムイオンバッテリーで、充電は家庭用の230Vコンセントで約9時間半から13時間。ボディパネルはリサイクル可能なプラスチック製で、内装材は100%リサイクルできるなど、環境にも配慮された。もちろん、欧州の衝突安全基準も満たしている。

このシンクシティをオランダのUMCG社が救急車に改造。フラッシュライトや無線システム、緊急救命装置などを装備したうえで、テルスヘリング島に配備された。

テルスヘリング島は、オランダ北部の北海沿岸に鎖のように連なる西フリースラント諸島のひとつ。1周わずか19km、人口4700人という小島だ。環境保護にも熱心に取り組んでいることから、ゼロエミッションのEV、シンクシティが救急車として指名された。

同じEVでは、三菱の『i-MiEV』が英国警察のポリスカーとして採用済み。シンクシティは、おそらくテルスヘリング島唯一のEVで、イエローのボディカラーに愛嬌のある顔つきということもあり、島民に親しまれる存在になる日も近いだろう。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集