豊田トヨタ社長「トヨタの実力は、ゴルフならハンデ30」

自動車 ビジネス 企業動向
イーグル? プリウス
  • イーグル? プリウス
  • オーリス・ハイブリッド(フランクフルトモーターショー)
  • 豊田章男社長
トヨタ自動車の豊田章男社長は2日に行った日本記者クラブでの講演の質疑応答で、同社の現在の実力について、ゴルフを例に取りながら、こう述べた。

「一番悪いときがハンディキャップ36だとすると、今は18ホール中1ホールだけイーグルが出たという感じで、実力は30ぐらいだと思う」

豊田社長によると、世界1を狙っていた時代はハンデ13 - 14だったが、周りからほめられすぎて、シングルハンデ、それも3 - 4に勘違いをしていたとのことだ。

「私としては、早い時期に24に、できれば18にまでしていきたい」と豊田社長。18というのがトヨタにとっての健康体で、脱石油社会において、新しい成長を構築できるレベルとのことだ。
《山田清志》

編集部おすすめのニュース

特集