自走式立体駐車場で壁面衝突、2人死傷

自動車 社会 社会

27日未明、富山県高岡市内にある自走式の立体駐車場で、場内を走行していた乗用車が路外に逸脱し、3階部分の壁面に衝突した。クルマは中破。運転していた62歳の男性が死亡、同乗していた37歳の女性が骨折などで重傷を負っている。

富山県警・高岡署によると、事故が起きたのは27日の午前1時30分ごろ。高岡市御旅屋町(N36.44.33.1/E137.1.1.5)付近にある自走式の立体駐車場で、場内を走行していた乗用車がカーブを曲がりきれずに路外へ逸脱。3階部分の壁面に衝突した。

クルマは中破。運転していた同市内に在住する62歳の男性は胸部を強打し、近くの病院に収容されたが、事故から約1時間後に死亡。後部座席にシートベルト未着用で同乗していた射水市内に在住する37歳の女性が左足を骨折する重傷を負っている。

死亡した男性は運転代行業者のスタッフ。重傷を負った女性の依頼で、この女性が所有するクルマを運転していたという。

現場は駐車場内の車両通路。クルマは3階から2階に向かうカーブ状の通路で壁面に突っ込んでいた。ブレーキ痕は確認されていないという。警察は負傷した女性の回復を待って事故当時の状況について話を聞く方針だ。
《石田真一》

編集部おすすめのニュース

特集