クラレ、液状ゴムとイソブチレン系水溶性樹脂を値上げ

自動車 ビジネス 企業動向

クラレは11日、エラストマー事業で展開している液状ゴム「クラプレンLIR」、「クラプレンLBR」、「クラレ・イソバン」について10月1日出荷分から価格を値上げすると発表した。エラストマー製品は自動車部品などに使用されている。

エラストマー製品の主要原料はブタジエンモノマー、イソプレンモノマーなどで、石油化学の基礎原料であるエチレンやプロピレンとともに副次的に生産されている。主として北米地域でのエチレン原料のナフサから天然ガスシフトに伴う副次品生産構造の変化、欧米の複数のエチレンセンターでの減産を機に、ブタジエンとイソプレンの世界的な供給量不足が顕在化、需要と供給の地域的な偏りもあり、価格が世界的に急激な上昇を続けている。
 
こうした状況下、安定供給の維持、採算改善のため、値上げする。
 
値上げ幅は日本が1kg当たり70円、北米・アジア地域が1kg当たり0.7米ドル、欧州地域が1kg当たり0.5ユーロで、10月1日出荷分から適用する。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集