アウディジャパン、坂本龍一のヨーロッパツアーに協賛…CO2をオフセット

自動車 ビジネス 企業動向

アウディジャパンは8日に、10月7日からスタートする坂本龍一のヨーロッパツアー「Ryuichi Sakamoto Playing the Piano2009 Europe」に協賛することを発表した。

今回の協賛で6か国全28公演におよぶ坂本龍一のヨーロッパツアー中の移動に関わるCO2排出量として算出される30tをオフセットする。

今回の協賛は、坂本龍一とアウディジャパンの「環境への配慮」という理念が一致したことから実現。坂本龍一は、環境問題に対して様々なメッセージを発信し続けており、自身も2007年に有限責任中間法人「more trees」を設立するなど積極的に取り組んでいる。

今年3月にアルバム「out of noise」を発表したが、その制作や製造にかかったCO2排出量をオフセットしたカーボンフリーCDは、日本人一人当たりが1日に排出するとされているCO2約6kg分のカーボンオフセット費用が含まれており、購入者がオフセットに寄与する商品となっている。

さらに、全国ツアー「Ryuichi Sakamoto Playing the Piano 2009」の全会場でグリーン電力を使用、ツアー全体で排出されるCO2排出量の全てをカーボンオフセットするなど、カーボンフリーな活動を推進している。

アウディジャパンもカーボンオフセット活動に積極的に取り組んでおり、現在はすべてのモデルにカーボンオフセットプログラムを提供している。8月26日時点で累計9315台、約9621tをオフセットしている。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集