全日空グループ、国際線貨物の燃油サーチャージを引き上げ

自動車 ビジネス 企業動向

全日空グループ、国際線貨物の燃油サーチャージを引き上げ
  • 全日空グループ、国際線貨物の燃油サーチャージを引き上げ
全日空(ANA)グループは、、国際線貨物の「燃油特別付加運賃」(燃油サーチャージ)の引き上げを国土交通省に申請した。

同社グループでは、4月から燃油特別付加運賃額を、航空燃料市況価格に基づき、毎月見直している。8月1日から8月31日の同価格の1カ月平均は1バレル当たり78.81ドルに達しており、引き上げる。

同社グループは、様々な費用削減努力や増収努力を講じているが、国際線貨物利用者に負担を転嫁せざるを得ないと判断、燃油特別付加運賃額を引き上げると、している。

10月1日から長距離(日本 - 北米・欧州・中東)は従来より1km当たり6円引き上げの63円となる。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集