プロロジスパーク舞洲IVを起工

自動車 ビジネス 企業動向

プロロジスパーク舞洲IVを起工
  • プロロジスパーク舞洲IVを起工
プロロジスは2日、ビルド・トゥ・スーツ型(特定企業向け)物流施設「プロロジスパーク舞洲IV」の起工式を大阪市此花区の建設予定地で行った。

起工式には、平松邦夫大阪市長をはじめ大阪市関係者、入居が決定しているセンコーの福田泰久社長などが参加、工事の無事と今後の事業の発展を祈願した。

プロロジスパーク舞洲IVはセンコーの舞洲PDセンターとして2010年8月の竣工を予定しており、同社関西地区の保管および配送拠点として利用される計画。

プロロジスパーク舞洲IVは、現在プロロジスがグローバルで推進しているパートナーとの共同開発事業の一環として、清水建設と共同で開発する。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品