富士通テン、福祉施設・団体に楽器を寄贈

自動車 ビジネス 企業動向

富士通テンは2日、富士通テン社会貢献基金から神戸市社会福祉協議会を通じて市内2か所の福祉施設・団体へ電子ピアノなどの楽器を寄贈したと発表した。 

今回、楽器を寄贈した施設・団体では、演奏会を開催するなど定期的に音楽活動が行われている。このうち「神戸アイライト協会」は、同社が協力し9月6日に開催される「KOBEふれあい音楽祭2009」に出演し、ピアノを演奏する予定。
 
同社は、AV機器の製造・販売を主力事業の一つとしているが「音を通じて社会に貢献する」という考えのもと、コンサートの主催・協賛など、特に、地元である神戸で開催される各種音楽イベントの支援に力を入れている。この一環として、社会福祉施設などへの楽器寄贈も1997年から継続して行っており、今年で13回目となる。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集