札幌の殺人事件、「賠償は3万円でよい」という判決が動機か

6月下旬に北海道札幌市厚別区内で発生した殺人事件について、北海道警は3日、殺人容疑で逮捕した43歳の暴力団員の男を札幌地検に送検した。交通事故の損害賠償を巡るトラブルから殺人に至ったとみられており、さらに調べを続けている。

自動車 社会 社会
6月下旬に北海道札幌市厚別区内で発生した殺人事件について、北海道警は3日、殺人容疑で逮捕した43歳の暴力団員の男を札幌地検に送検した。交通事故の損害賠償を巡るトラブルから殺人に至ったとみられており、さらに調べを続けている。

北海道警・厚別署によると、逮捕・送検された43歳の男は6月29日夕方、札幌市厚別区大谷地東4丁目付近にあるマンション駐車場で、このマンションに住む52歳の男性を包丁で刺殺した疑いがもたれている。

被害者の男性が運転するクルマは2007年12月、札幌市東区内のコンビニエンスストア駐車場で、容疑者の男が運転するクルマに低速で接触。被害はバンパーの小傷のみだったが、男はこの事故で打撲を負ったと主張。同乗者分を含め、治療費や休業補償など約280万円の損害賠償を求めた。

男性と契約する損害保険会社は札幌地裁に対し、債務が無いことの確認を求める民事訴訟を提訴。同地裁は「男は被害を誇張している」と判断。「バンパー修復費用のみを支払えばよい」として、約3万円の賠償を男性に命じていた。

しかし、男はこれに不満を持ち、当初請求の残金や遅延損害金を支払うよう男性に迫っていたという。事件当日もこれが原因でトラブルになり、最終的に刺殺するに至ったとみられている。

警察では男が虚偽の休業証明などを用意し、執拗に金の支払いを求めていたものとみて、厳しく追及している。
《石田真一》

編集部おすすめのニュース

  • 交通事故の補償を巡るトラブルから相手を刺殺 画像 交通事故の補償を巡るトラブルから相手を刺殺
  • 借金返済を求めた男性をクルマで650mひきずり逮捕 画像 借金返済を求めた男性をクルマで650mひきずり逮捕
  • 別れ話に逆上、交際男性を故意にはねた女を逮捕 画像 別れ話に逆上、交際男性を故意にはねた女を逮捕
  • トラブルの相手をボンネットに乗せ暴走 78歳を逮捕 画像 トラブルの相手をボンネットに乗せ暴走 78歳を逮捕

特集