三菱重工、石炭焚き火力発電所向けCO2回収装置の基本設計を受注

三菱重工業は、英国フォスター・ホイーラー社と共同で、英国電力会社エーオン・UKから、石炭焚き火力発電所向けCO2回収装置の基本設計(Pre-FEED)を受注した。

自動車 ビジネス 企業動向
三菱重工、石炭焚き火力発電所向けCO2回収装置の基本設計を受注
  • 三菱重工、石炭焚き火力発電所向けCO2回収装置の基本設計を受注
三菱重工業は、英国フォスター・ホイーラー社と共同で、英国電力会社エーオン・UKから、石炭焚き火力発電所向けCO2回収装置の基本設計(Pre-FEED)を受注した。

エーオン・UKの新規160万キロワット超臨界炉を対象とした世界最大級の石炭焚き向けCO2回収・貯留(CCS)装置で、エーオン・UKはこれで英国政府が進める大規模なCCS実証プロジェクトに応札する。他の応札2企業との競争に同社が勝ち残れば、回収能力は、年間約200万トンという世界初の実用スケール級装置の技術を三菱重工が提供することとなり、将来の能力増強も計画されている。

今回のプロジェクトは英国エネルギー・気候変動省が主導している。応札企業はそれぞれ自社の発電所を対象とした計画でエントリーしているが、エーオン・UKは、同国で30年ぶりとなる新設の石炭火力設備にCCS装置を設置し、石炭焚き排ガスからCO2を分離・回収・圧縮して、石油会社Tullow社が運営・管理する廃ガス田に貯留する計画。その際の機器供給は、三菱重工とフォスター社などが担当する。

応札企業の最終選考は2010年で、これに先立ち、2009年に各企業グループはCCS装置の初期設計(FEED)を提出、これにより英国エネルギー・気候変動省は応札企業を絞り込む予定。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集