シトロエン、プジョー8拠点で取扱いを開始

自動車 ビジネス 国内マーケット
シトロエン、プジョー8拠点で取扱いを開始
  • シトロエン、プジョー8拠点で取扱いを開始
プジョー・シトロエン・ジャポンは、シトロエンの新車販売、アフターサービスをプジョー正規販売店の6販社8拠点で6月1日から開始すると発表した。

シトロエン正規販売店網の「シトロエンディーラーネットワーク」は5月末日現在拠点数37店、25都道府県に展開しているものの、空白エリアも多い。今後予定される販売台数増に対応することを狙い、シトロエンの販売拠点が無いエリアの既に設置されているプジョー販売店で、シトロエンの新車販売、アフターサービスを実施する。
 
これにより、シトロエンの顧客へのサービス対応エリアも拡大し、新車販売可能なエリアも拡大する。
 
今回の運用開始にあたり、プジョー販売拠点ではシトロエンのトレーニングも受けたセールススタッフ、アフターセールスアドバイザーを配置する。
 
6月1日からシトロエンを取扱うプジョーの販社はICS(札幌市)、イデアル(仙台市)、ファーストカーセンター(松本市、長野市、甲府市)、トヤマワタヤ(富山市)、アデルカーズ(熊本市)、丸貴(沖縄県浦添市)の8拠点。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース