【東京コンクール・デレガンス09】ベストオブショウに世界で1台のマセラティ

自動車 社会 行政
【東京コンクール・デレガンス09】ベストオブショウに世界で1台のマセラティ
  • 【東京コンクール・デレガンス09】ベストオブショウに世界で1台のマセラティ
  • 【東京コンクール・デレガンス09】ベストオブショウに世界で1台のマセラティ
  • 【東京コンクール・デレガンス09】ベストオブショウに世界で1台のマセラティ
  • 【東京コンクール・デレガンス09】ベストオブショウに世界で1台のマセラティ
  • 【東京コンクール・デレガンス09】ベストオブショウに世界で1台のマセラティ
  • 【東京コンクール・デレガンス09】ベストオブショウに世界で1台のマセラティ
  • 【東京コンクール・デレガンス09】ベストオブショウに世界で1台のマセラティ
世界の名車の祭典「東京コンクールデレガンス2009」で、マセラティ『A6G 2000 クーペ』が09年度の最優秀賞「ベストオブショウ」を受賞。その表彰式が六本木ヒルズ東京シティビューで開催された。

東京コンクールデレガンス2009では、1910年から1975年に製造された18台が年代別に展示され、名車におけるデザインの優美さ、気品、販売当時のオリジナルコンディションの遵守、歴史的な由来を競った。

ベストオブショウを受賞した1952年製マセラティ「A6G 2000 クーペ by Vignale」は、世界に一台のマセラティといわれるクルマ。

会場ではそのほか、来場者の投票によって選ばれた賞など6つの賞の表彰式がおこなわれ、元ピニンファリーナのカーデザイナー、レオナルド・フィオラバンティ氏、奥山清行氏や、自動車評論家の小林彰太郎氏や徳大寺有恒氏ら公式審査委員が出席した。
《》

編集部おすすめのニュース

特集