ヴァージンはブラウンGPへの投資増も?

モータースポーツ/エンタメ モータースポーツ

ヴァージンのロゴを掲載したマシンが開幕戦で1-2フィニッシュしたのを受け、上機嫌のリチャード・ブランソンは、将来はチームオーナーになる可能性もあることを認めた。

「現時点では単なるスポンサーにすぎない。しかし、いつの日かヴァージンがその名を冠したチームを所有するかもしれないね。検討することになるだろう」とサー・ブランソン。

ブラウンGPとの契約はオーストラリアとマレーシアの2戦のみと伝えられているが、このままブラウンGPの快進撃が続けば、「彼らはサポートに値する存在だ」とのブランソン氏の言葉通り、当然契約は拡大延長されることになりそうだ。
《編集部》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集