TDF、佐々木顧問が社長に就任

自動車 ビジネス 企業動向

TDFは31日、顧問の佐々木誠氏が社長に就任する人事を内定した。6月26日開催の定時株主総会とその後の取締役会で決定する。

同社では、現在の厳しい経営環境に対応するため、経営体制の強化と企業価値の向上を目指し新体制への移行するとしている。滝沢聰社長は退任する。
 
佐々木氏は元いすゞ自動車の執行役員。いすゞでRV工場長やタイの泰国いすゞ副社長、藤沢工場長など、主に生産畑を歩んできた。2006年に執行役員に就任し、今年2月にTDFの顧問となった。58歳。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集