横浜ゴム、航空機用タイヤ事業から撤退へ

自動車 ビジネス 企業動向

横浜ゴム、航空機用タイヤ事業から撤退へ
  • 横浜ゴム、航空機用タイヤ事業から撤退へ
  • 横浜ゴム、航空機用タイヤ事業から撤退へ
  • 横浜ゴム、航空機用タイヤ事業から撤退へ
  • 横浜ゴム、航空機用タイヤ事業から撤退へ
横浜ゴムは30日、航空機用(AC)タイヤ事業から撤退すると発表した。

同社は、1940年から国内エアラインや防衛省向けに、航空機用タイヤ、航空機用リトレッドタイヤ(踏面部ゴムの張替えタイヤ)の生産販売事業を展開している。しかし、世界的な不況の影響で業績が悪化している中で、売上規模が小さく、将来の成長も見込めないことから、撤退を決定した。
 
横浜ゴムでは、すでに納入先、販売先、関連会社への事前説明を進めており、2009年内に段階的に納入を停止し、アフターフォローも2010年内ですべて終了する。
 
航空機用タイヤ事業に携わる人員の活用、平塚製造所にある航空機用タイヤ工場(神奈川県平塚市)の活用については、今後詳細を詰める予定。
 
航空機用タイヤ事業の年間売上高は約8億円。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集