サーティース「ブラウンはバトンを切るべきだった」

自動車 ビジネス 企業動向

元ワールドチャンピオン、ジョン・サーティースがジェンソン・バトンの継続起用を決めたブラウンGPの決断は腑に落ちないと語っている。

「セバスチャン・ベッテルは真のドライバーの良例だ。でもバトンをみてごらん。正直言って私がチームオーナーなら彼をチームに残したりしないよ。たとえマシンが悪いときでも100%を出せないドライバーならクビにするべきだ。そんなドライバーは良いマシンを得たときにも結果なんて出せない」と、1964年のF1ワールドチャンピオンはバトンに対し厳しい意見を述べた。
《編集部》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集