丸紅、べトナムでアルミナ精錬プラント建設を受注

自動車 ビジネス 企業動向

丸紅は、中国アルミ集団傘下のエンジニアリング会社であるチャイナ・アルミニウム・インターナショナル・エンジニアリング社(チャリエコ社)に協力し、ベトナム国営石炭鉱産物公社(ビナコミン社)から、アルミナ精錬プラント建設を受注した。

今回の契約は、ダクノン省に年産60万トンのアルミナ精錬プラントを建設するもので、チャリエコ社が、設計から機器調達・現地工事までを含むEPCフルターンキーにて供給する。2011年秋に完工する予定。

丸紅は、チャリエコ社に対し受注支援に加え、建設中の資材調達援助、種々アドバイザリー業務なども併せ行う。

丸紅は、2008年7月にチャリエコ社がラムドン省で同一設計・同規模のアルミナ精錬プラントを初受注した際にも支援業務を行っており、今回はそれに続く連続受注となる。今後、ビナコミン社の計画するアルミナ生産事業に対し、プラント供給に加えて、製品取引なども含めた全社的な協力体制を構築していく予定。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集