イチネンホールディングス、43歳の黒田副社長が社長に昇格

自動車 ビジネス 企業動向

イチネンホールディングスは18日、黒田雅史副社長が社長に昇格する人事を内定した。4月1日付けで正式に就任する。

黒田倖稔社長は代表権を持つ会長となる。
 
同社ではグループを取り巻く経営環境の変化に迅速に対応するとともに、トップ交代で企業としての活性化を図り、グループ競争力の強化を図る。
 
黒田雅史氏は1988年にイチネンに入社、1992年に取締役、1996年に常務、2000年に専務、2006年に副社長に就任した。43歳。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集