国際石油開発帝石、西オーストラリア州沖合の鉱区権益を取得

自動車 ビジネス 企業動向

国際石油開発帝石と子会社アルファ石油は、Apache社とともに、BHPビリントン社からオーストラリア連邦西オーストラリア州沖合WA-35-L鉱区(ヴァンゴッホ油田エリアを除く)と同鉱区北部に隣接するWA-255-P鉱区内1081ブロックの権益を買収することで合意した。

国際石油開発は、権益譲渡によって、BHP社保有のWA-35-L鉱区(ヴァンゴッホ油田エリアを除く)権益の18.999%、WA-255-P鉱区内1081ブロック権益の23.7495%を子会社のアルファ石油を通じて取得する。

今回、権益を取得するWA-35-L鉱区に位置するノバラ構造、WA-35-L鉱区とWA-255-P鉱区内1081ブロックにまたがるコニストン構造は、これまでに試掘井がそれぞれ1本ずつ掘削され、原油の存在が確認されている既発見未開発構造。

今後、評価井の掘削を含めた評価作業を実施する予定で、相当量の原油の埋蔵が確認された場合には、権益を保有し、5月に生産開始を予定している近傍のヴァンゴッホ油田との施設の共同利用による開発ができるなどの相乗効果が期待されるとしている。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集