日本化薬、投資有価証券評価損が20億円

自動車 ビジネス 企業動向

日本化薬は2日、2009年5月期の第3四半期末の投資有価証券評価損が20億3100万円になったと発表した。

保有する有価証券のうち、時価が大幅に下落して回復が見込めないものは投資有価証券評価損を特別損失として計上するが、12 - 2月期で20億3100万円となっている。今期の累計では20億5700万円。同社の前期の最終利益は63億7200万円だった。
 
同社では今期業績見通しへの影響について現在精査中で、修正が必要な場合は公表するとしている。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集