JSR、小柴専務が社長に昇格

自動車 ビジネス 企業動向
JSRは、小柴満信専務が4月1日付けで社長に昇格する人事を内定したと発表した。吉田淑則社長は会長に就任する。
 
吉田社長は、2001年6月に社長に就任以来、収益力の向上を目指して石油化学系事業に加え情報電子材料事業の拡大を図り、事業構造の変革を推進、経営基盤の強化を図ってきた。今後は、激動する経営環境の中で事業構造の転換を加速させ、さらなる成長を目指すため、中期経営計画「JUMP2010」の後半2年のスタート年度となる2009年4月1日付けで経営トップの若返りを図り、経営体制の充実・強化を図る。
 
小柴氏は千葉大大学院工学研究科を卒業後、同社に入社し、主に電子材料事業部を歩んできた。2004年に取締役、2006年に常務、2008年に専務に就任した。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

  • 日立化成、社長に田中一行常務が就任 画像 日立化成、社長に田中一行常務が就任
  • 豊田トヨタ次期社長「私は決して旗とは思わない」 画像 豊田トヨタ次期社長「私は決して旗とは思わない」
  • ジャパンエナジーなど5社、LPG事業統合で詳細を決定 画像 ジャパンエナジーなど5社、LPG事業統合で詳細を決定
  • ホンダ第3四半期決算…営業利益が4割減 四輪車販売不振で 画像 ホンダ第3四半期決算…営業利益が4割減 四輪車販売不振で

特集

おすすめのニュース