一時停止を怠り、丁字路で出会い頭衝突

自動車 社会 社会

26日午後、福島県郡山市内の市道で、丁字路交差点を左折してきた乗用車と、交差道路を進行してきた自転車が衝突する事故が起きた。自転車に乗っていた女性は軽傷を負ったが、クルマは逃走。警察は翌27日に28歳の男をひき逃げ容疑で逮捕している。

福島県警・郡山署によると、事故が起きたのは26日の午後2時30分ごろ。郡山市虎丸町付近の市道で、道路右側を走行していた71歳の女性が乗る自転車が、前方の丁字路交差点から左折進入してきた乗用車と衝突した。

自転車は転倒し、女性は腕や足を打撲する軽傷を負ったが、クルマはそのまま逃走している。警察では軽傷ひき逃げ事件として捜査を開始。現場周辺の駐車場に接触痕があるクルマを発見し、これを所有する28歳の男から任意で事情を聞いたところ、ひき逃げの事実を大筋で認めたことから、自動車運転過失傷害と道路交通法違反(ひき逃げ)容疑で逮捕している

現場は見通しの悪い交差点。信号機は設置されておらず、乗用車側に一時停止の義務があった。調べに対して男は「怖くなって逃げてしまった」などと供述しているようだ。
《石田真一》

関連ニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

特集

おすすめの商品