日本郵船、インド西部に自動車ターミナル港の建設を検討

自動車 ビジネス 企業動向

日本郵船は、インド西部にあるムンドラ港経済特別区、ノルウェーに本社を置く海運会社ワレニウス・ウィルヘルムセン・ライン、と合同で、ムンドラ港に自動車ターミナル建設に向けての調査・研究を行うことで合意したと発表した。

調査・研究は来年春までの期間で行われる予定で、この間に自動車専用ターミナル建設や運営についての計画を具体化する。

ムンドラ港はインドの北部、西部にある自動車メーカーの工場から近距離に位置し、インドでの自動車輸出のハブ港としての役割が期待されており、自動車専用ターミナル建設のニーズが高まっている。

2009年1月には年間20万台取り扱える分のスペースを同港の既存ターミナル内で確保し、複数の自動車メーカーが同港からヨーロッパへの自動車輸出を開始する。

日本郵船は、今後建設される自動車専用ターミナルに、これまで培っかってきた設営方法を導入、顧客自動車メーカーに充実したサービスを提供、インドでの自動車物流事業の発展を目指す。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集