横浜ゴム、中国のタイヤ生産拠点で植樹祭を開催

エコカー 燃費

横浜ゴム、中国のタイヤ生産拠点で植樹祭を開催
  • 横浜ゴム、中国のタイヤ生産拠点で植樹祭を開催
  • 横浜ゴム、中国のタイヤ生産拠点で植樹祭を開催
横浜ゴムは、中国の乗用車用タイヤ生産拠点である杭州横浜輪胎有限公司で、「YOKOHAMA千年の杜」プロジェクトの植樹祭を開催した。

8月に開催したヨコハマタイヤ・フィリピンに次いで海外では2拠点目で、中国では初の開催となる。

当日は杭州市政府・開発区のリーダー、周辺の日系企業の従業員をはじめ、杭州横浜輪胎のほか、同地区にある横浜密封材料(杭州)、横浜ホース配件(杭州)の従業員とその家族など約1200人が参加した。

地域の文化を尊重した植樹活動とするため、開会式は国歌演奏から開始した。参加者はグループごとに土地本来の樹種であるクス、タブ、カシなど18種、約1万2000本を植樹した。

植樹終了後はお楽しみ抽選会など、さまざまなイベントを開催するなど地域との交流を深めた。

YOKOHAMA千年の杜プロジェクトは、横浜ゴム創業100周年の2017年に向けて、10年かけて国内外の生産拠点に杜を創生するプロジェクト。国内7工場、海外グループ会社の11工場で、合計50万本の植樹を計画している。

すでに国内は新城工場を除く6工場で第1期植樹祭を完了し、合計5万1900本を植樹した。2009年からは新城工場の第1期とその他の工場で第2期の植樹祭を開始する。

海外拠点はヨコハマタイヤ・フィリピン、杭州横浜輪胎に続き、12月にヨコハマタイヤマニュファクチャリング(タイ)で植樹祭を行う予定だ。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集