オートバックス、フランス・パリ郊外に12店舗目をオープン

自動車 ビジネス 企業動向

オートバックスセブンは、100%出資子会社であるオートバックス・フランスがSARL VILLECARとフランチャイズチェン契約を締結し、パリ郊外に「オートバックス・ビルボン」を29日にオープンすると発表した。
 
新店舗のオープンによりフランス国内におけるオートバックスグループ店舗は12店舗目となり、海外における展開は6地域、121店舗となる。
 
店舗では、日本国内店舗同様、「トータルカーライフサービス」をキーワードに、カー用品の品揃えをはじめ、充実したピット作業を行うことでフランス国内でカーライフに関する「ワクワク・ドキドキ」の提供と情報発信を行うとしている。
 
店舗内は、日系ブランドや現地ブランドの商品など約1万1000アイテム品揃えし、車にこだわりのある人からファミリー層まで、幅広いニーズに対応する品揃えとする。
 
ホイールコーナーでは小型車用のサイズからドレスアップを目的とした大口径サイズのものまで、約400アイテムを品揃えする。オーディオコーナーでは、デモ用の什器を設置し、各種ヘッドユニットを試聴することができるとともに、約50アイテムのカーナビゲーションや、スピーカー、DVDヘッドユニットなど、幅広い品揃えとする。
 
店舗の敷地面積は3950平方mで売り場面積が1338平方m。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集