住友電工、伊丹市中学生陸上教室を開催

自動車 社会 行政

住友電気工業は、伊丹市陸上競技協会と共催で、中学生の陸上競技選手の競技力向上を支援するために「伊丹市中学生陸上教室」を開催する。

教室は、甲南大学スポーツ・健康科学教育研究センターの伊東浩司准教授を講師に迎え、11月22日に伊丹市の住友総合グラウンドで開催する。対象は伊丹市の中学校陸上部員。

伊丹市陸上競技協会は、伊丹市教育委員会の要請を受けて「小学生陸上教室」を開催するなど、陸上競技者の育成と陸上競技の振興のための活動している。

一方、同社は、1941年に兵庫県伊丹市に伊丹製作所を開設して以来、工場見学の実施や地域コミュニティ紙の発行など、地域とのコミュニケーションを強化するとともに、清掃活動への参加や事業所の緑化推進、地域スポーツの振興など、地域社会との共生を目指した地域貢献活動に取り組んでいる。

今回、こうした活動の一環として伊丹市中学生陸上教室を開催する。
《レスポンス編集部》

関連ニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

特集

おすすめの商品