日本IBMと三菱自動車、戦略的アウトソーシング契約を5年間延長

自動車 ビジネス 企業動向

日本IBMは、三菱自動車と2002年10月から実施していた戦略的アウトソーシング契約を5年間延長、三菱自の情報システムの運用・保守業務全般を受託すると発表した。

今回更改した戦略的アウトソーシングの契約期間は、今年10月から2013年9月までの5年間。
 
今回の契約には、従来の基幹情報システムの運用管理とそのアプリケーション運用・保守、ITヘルプデスク、PCサポートなどのエンドユーザー・サポートに加え、部品・製品情報基盤整備、システム基盤整備・標準化などを視野に入れたアプリケーション企画支援などが含まれる。
 
日本IBMは、障害管理やヘルプデスクなど、システムの運用管理に必要な機能を、機能ごとに集約し専門スキルを最大限に活用するIBMグローバル標準デリバリーモデルに即した体制で、今回のアウトソーシング・サービスを提供する。IBMグローバル標準デリバリーモデルを活用することで、均一で高品質な運用管理サービスを効率的に提供しする。
 
業務アプリケーションの運用・保守は、IBMインドの開発拠点を活用する。
 
また、IBMデータセンターに設置されたIBMのオープン・メインフレームを活用するホスティング・サービスの利用範囲を拡大することにより、三菱自動車の基幹情報システム基盤の堅牢性を確保するとともに、より柔軟に効率よく最新のテクノロジーにも対応できるようになる。
 
さらに、三菱自動車の各拠点に設置された機器やネットワークの統廃合を推進するとともに、サーバーに対するセキュリティー対応の強化や、各種法令対応の強化なども実施する。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集