ポラテクノ、通期連結業績見通しを下方修正

自動車 ビジネス 企業動向

日本化薬の子会社ポラテクノは、2009年3月期連結決算の業績見通しを修正した。

売上高は236億6800万円を見込んでいたが214億0100万円となる見通し。主力製品である車載用LCDフィルムや液晶プロジェクター製品の無機偏光板ProFlux、米国子会社モクステックのX線分析装置部材の販売が伸び悩む見通しとなったため。
 
収益も新工場の減価償却の開始が遅れる見通しや米国子会社のX線分析装置部材の販売低下で、営業利益は従来予想よりも5億8200万円マイナスの25億6000万円、経常利益が7億8500万円マイナスの20億4000万円となる見通し。
 
当期純利益は10億7300万円から6億9600万円に下方修正した。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集