イチタン中間決算…原材料価格値上げで大幅減益

自動車 ビジネス 企業動向

イチタンが発表した2008年9月中間期の連結決算は、営業利益が前年同期比44.8%減の1億0500万円だった。

売上高は主力の自動車部品を中心に売上げ拡大に力を入れた結果、同5.7%増の57億4400万円と増収だった。
 
損益では、生産性向上や原価低減に取り組んだものの、原材料の値上げの影響が大きく営業減益となった。経常利益は同55.3%減の7300万円だった。為替変動が影響した。
 
当期純利益は固定資産除却損が減少したものの、同54.1%減の4500万円にとどまった。
 
通期連結業績見通しは、売上高が同1.2%増の115億円、営業利益が同65.2%減の1億2000万円、経常利益が同84.9%減の4000万円、当期純利益が同93.3%減の1000万円となる見通し。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品