丸紅グループ、中国の国有物流会社大手に資本参加へ

自動車 ビジネス 企業動向

丸紅と丸紅中国は、中国上海市に本拠地を置く国有物流会社である上海交運国際物流有限公司の出資持分譲渡入札に応札したと発表した。

入札は11月10日に公示期間が終了したが、応札者は丸紅グループのみで、応札書類審査、正式受注の後、関係政府機関の批准を経て、交運国際に資本参加する予定。丸紅グループの出資比率は34%(約41億円)となる。

丸紅は今回の出資参加で、交運国際を中国国内物流におけるプラットフォームとして、今後伸張が見込まれる中国全土への国内物流事業の拡大を目指す。

同時に、丸紅の保有する国際物流ノウハウと交運国際が持つ物流インフラ、中国国内物流ノウハウを有機的に活かし、華東発着貨物の国際一貫物流におけるビークルとして、交運国際を活用する計画だ。

交運国際は、子会社8社、孫会社33社を持つ中国華東地域最大の物流会社。保有する車両台数は約3000台で、普通一般貨物輸送に加え、冷凍・冷蔵貨物、化学品・危険品などの特殊貨物輸送や重量物輸送も手掛ける総合物流会社で、市場が成長している中国、特に華東地域で事業を拡大している。

一方、丸紅は中国で華北、華東、華南夫々で物流拠点を持ち、国内倉庫、輸配送、国際物流事業を展開している。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集